「グリーンブック」黒人差別が題材のコメディ映画

グリーンブック

「グリーンブック」黒人差別が題材のコメディ映画

 

 

アメリカでなかなか物議を醸し出した作品グリーンブック
2019年アカデミー賞作品賞助演男優賞脚本賞という3つのタイトルを受賞。しかし授賞式ではグリーンブックの名前がアナウンスされた直後、会場にいた映画監督のスパイク・リー怒りをあらわにし立ち去ろうとしたそうです。

過激な描写や差別問題に対する主張があるとかそういうわけではなくむしろ逆で、「差別描写が生温い」「ホワイト・スプレイングだ」などという「人種差別を白人目線であまりに単純にとらえている」という批判の声が上がっていたんです。

 

 

 

舞台は1960年代。ニューヨークのカーネギーホールの上層階に住まいを持つという超VIPな黒人音楽家ドン・シャーリーと、ナイトクラブで用心棒の職につく粗雑なイタリア系アメリカ人トニー・リップの8週間に渡る旅の物語。

 

有名ピアニストであるシャーリーはある時、自身の持つトリオとともにアメリカ南部を渡り、各地のブルジョワ達の前で演奏を披露するツアーに出かける計画をたてます。その際の運転手兼世話役兼用心棒に、街の顔役であり腕っぷしの強いトニーに声がかかることに。この時代のアメリカ南部を黒人である自分が旅をするとどうなるかシャーリーはわかっており、それを覚悟の上での「用心棒」兼運転手の依頼だったわけです。

 

しかし当のトニーは黒人差別主義者。実は時代背景もあってか、本人だけでなくトニーの友人や親族など、身近な登場人物が(妻を除いて)黒人を卑下しており黒人の前では別の言語でわからないようにバカにするシーンなどが見られます。極め付けはトニーの自宅にきた掃除業者が黒人だった際、その黒人が帰ったあと妻が黒人に飲み物を振る舞っていたガラスのコップをトニーは指先でつまみ、ゴミ箱に捨ててしまいます

 

そんな決して関わることのない2人だったが今回のオファーでの高額な報酬が捨てがたいトニーは「ただし世話係はしない。運転手と用心棒だけだ。」という条件のもと契約します。

 

グリーンブック

 

シャーリーは訪れるさまざまな州で富裕層向けのライブに出演します。スタンウェイのピアノ。司会付きの高級パーティ。想像もできなかった世界に触れ、さらにシャーリーの演奏に感動し自分がその運転手であることが徐々に誇らしくなってくるトニー。そして、旅先で家族に不恰好な文章の手紙を書き、運転しながら手づかみでチキンを食べるトニーの豪快さと優しさの前に、我慢してきた自分をさらけ出していくシャーリー。

 

迫害や性を表すようなシーン、FワードやNワードの使用など生々しい部分もありますが、それがこのクソくらえな差別というテーマを扱った作品なんだ、と色濃く表現している気がします。

 

 

自分にないものに触れ、拒絶し、しかし徐々に認めていく。

 

 

綺麗な物語じゃないけれどドラマよりもドラマチックな実話。

 

ラストシーンは実にシャレていると思いませんか?

 

 

 

 

トニー・リップの愛嬌があり頼れる無頼漢っぷりをヴィゴ・モーテンセン。トラブルや心ない仕打ちにも決して取り乱すことないドン・シャーリーの品格をマハーシャラ・アリが熱演しています。この作品中で8週間と紹介されている旅は実際には1年以上の旅で、現実にはそのほかにもエピソードが多すぎてだいぶ物語を縮めないと映画にできなかったとか。

 

テーマは一言でいえばもちろん「人種差別」なんですが、差別問題って社会のあり方やルールなど大きな視点も必要だけどほんとは、1人の人と深く向き合うことの積み重ねこそが解決の手段なんじゃないかなぁと考えさせられる作品でした。

 

見所はズバリ、主人公2人の抜群の演技力。会話シーンが多い上に実話に基づくため、余計な要素が入れられず、モロに演技力が出ているように感じます。2人のその演技力が、見る側を少し緊張させるようなシリアスなシーンをわざとらしくないものにしリアリティを感じさせる要素となっています。そしてそれはこの配役を実現させた監督の手腕でもあります。手がけたのは「メリーに首ったけ」のピーター・ファレリー監督。このテーマの作品で結果、こんなに笑える映画になったのもまさしく監督の影響でしょうね。

 

 

では最後に監督の作品への想いをそのままのせておきます。
現在と共鳴する映画を作りたかったんだ。なぜなら今は分断の時代だから。

 

 

今じゃなかったとしても、人生のどこかのタイミングで1度はみた方がいい映画。

オススメです。

 

グリーンブック

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA