初心者によるUnity開発物語 パート4

キズナアイ

初心者によるUnity開発物語 パート3

 

 

あれ?サムネが初音ミクじゃなくなってる!と思った方。

そう、今風にキズナアイにしてみました。操作は全く同じ、キズナアイファイルを

unityにいれるだけ。vtuberアイちゃんの登場です。

 

 

で、キズナアイを動かしてみたいんですがちょっと他サイトを参考にさせてもらいました。

どうやら、unityで人形を動かすにはまた別のキットが必要みたい。

 

 

unity

この、Mecanim Locomotion Starter Kitってやつを、今度はネット上というより

unityのアセットストアからダウンロードしてインポート。

 

なんか流れがわかってきた気がする。

もともと、unityで使うことを想定して作られてないから、unityに

モデルを持ってきてもそれを動かしたりするにはいろいろ変換ソフトがいる、

って感じかな??

 

そしたらインポートしたlocomotionをキズナアイにセット。

 

unity

ついに右側のインスペクターという、一番ややこしそうな欄をさわります

 

ここのcontrollerにさっきのLocationをいれて、とりあえず

Locationを設定。。。

 

 

unity

 

歩いてる!!

 

MMDモデルを動かすのはこういった、もともと組み込まれてる

動きを設定してやると動くみたいです。

 

でも、せっかくゲームなんだから自分で動かしたいなぁ。。。

これが前回unityさわったときはできませんでした。

 

さて、どうするか・・・・

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA