初心者によるUnity開発物語 パート3

unity

初心者によるunity開発物語 パート3

 

さて、前回のおわりで少し触れた初音ミクをunityで動かす、というのを

やってみたいと思います。

 

 

というのも、これは以前できたことがあるやつなので今回もできるはず。

 

 

まず、まったくやり方を覚えていないのでググります。

 

そうすると、そう。MMDという文字が。

そうだ、MMDというモデルを持ってきてunityで動かすんだった。

 

MMDというのは、なんていうんでしょうか。要するにモデルです。

ミクミクダンスの略なんですが、昔このMMDというソフトで

初音ミクを自由に動かせるものがあったんです。そのとき使用していた

モデルをそのままunityに持ってこようってわけ。

 

この作業はunityでは今や登竜門的な位置づけになってますね、そんなに難しくもないし

みんなが行っているみたいです。

 

 

ググった結果、ちょっと思い出してきたのでまずはMMDモデルをダウンロード。

そして、MMDモデルというのはファイルなんですけど、これをunityにいれてももちろん動かないので

MMDをunity用に変換するソフト、MMDmecanimもダウンロード。

unity

 

うちはちょっと回線が遅いので10分くらいダウンロードするのにかかった。

 

unity

 

こんな感じでファイルごとドロップ。そのままMMDmecanimもドロップ。

 

unity

きたきた、この画面テンションあがる。

 

 

unity

召喚!!

ここまでは全然時間もかからないし楽勝でこれました~~。

次はちょっと動かしてみたくなってきた・・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA