初心者によるUnity開発物語 パート2

Unity

初心者によるUnity開発物語 パート2

 

 

今日はさっそくUnityを触っていきます。

 

まずはダウンロードから。

 

unity

 

検索エンジンで「unity ダウンロード」と検索するとここまでたどり着きました。

どうやらいくつかバージョンがあるようですが初心者向けという文字を見つけたので

一番右、personalを迷わずダウンロード。

 

 

unity

 

無事、デスクトップにダウンロードできました。

 

 

さっそくダブルクリックしてアカウント情報など設定。

unity

 

ここまでは楽勝。そしてこの設定のまま特に触らずunityオープン!

 

 

Unity

 

出た!なつかしい、unityの画面!

なつかしいなんて偉そうなことを言っておきながら前回さわったときも

ここから丸いカプセル動かしてみたりネット上にあるキャラクターをとってきたり、

それくらいしかやってません。

 

 

とりあえず何か月も前のことなので今回もちょこっとさわってみます。

 

unity

 

 

たしかここからオブジェクトを出さないと始まらないはず・・・・

 

 

unity

 

おお!!いけるいける!!

 

ぶっちゃけ、右側にある機能の欄はほとんど覚えてません。

たしか重力を発生させるやつとか弾ませるやつとかあったはず・・・・。

前回やれたのもその辺くらいまででした。

 

 

とりあえずここから書くオブジェクトに動きが入れられないか試してみること1時間。

 

 

unity

 

4つのオブジェクトのうち3つにリジットボディという機能をつけてみました。

 

unity

 

落ちた!!

 

動画じゃないのでちょっとわかりにくいと思いますが。unityはゲームを作るものなので

どういう風に動作するかを確認するための再生ボタンがあります。

それを押せば現在どのような効果を各物体につけられているか、確認ができるんですね。

 

今回つけたのはリジットボディという要素(要素はコンポーネントというらしい)です。

unity

 

はっきりいって初心者に立ちはだかるのは、横文字ならぬ英語の嵐かもしれませんね。

私も英語ダメなタイプです。だからわかりやすいサイトを探してきては格闘してます。

 

 

とりあえず物を用意して落とすところまではできました。

初日は特に目標もたてずさわっていたけど、そうだ以前召喚した初音ミク

またunityで操作できるようにしようかな?

ちょっと明日以降考えてみます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA