これ以上簡単な説明は無理!超初心者向けブログの作り方 パート1

こちら軟式放送部

これ以上簡単な説明は無理!超初心者向けブログの作り方

パート1

みなさんこんばんは、Hiroriです。

 

 

 

先にいっておきますと、初心者がブログを1から作るっていうのは全然簡単ではないです。

 

 

 

少なくとも私は大変でした。

 

 

このサイトはスタートをするときにたくさんのHOW TOサイトを読ませていただきました。

「ブログ開設」とか「初心者 ブログ」とかでググるとたくさん記事がでてきますね。

なかでも、私はネットに関して知識が皆無なタイプの人間でしたので、検索結果の中でもできるだけ「見出しに優しい誘い文句が含まれているもの」を読むようにしていました。

 

「〇分でわかるwordpress!!」

とか

「初心者向け、ブログ完全解説!」

とか。飛びついてましたね。

 

「そもそもこのスマホ全盛の時代にネット初心者なんていないんじゃないの」とか思いながら。

 

結果、なにがわかったかというと私は初心者ですらなかったんだということだけでした。

まーったくついていけない。

見出しでふるいにかけて自分で記事を選んでおいて。

 

いわば落としに落としたハードルでつまづいたわけです。意味不明でした。ほんとに。

 

というか、みなさん当たり前のように「デバイス」とか「サーバー」とか「css」とかいったワードわかります?私がやはり知らなさすぎただけ?

 

 

まぁなんとかして最終的にサイトは作れたわけなんですが、いつか自分でサイトとか作れるようになったら「筆者レベルの人間でもわかる記事をどっかの誰かのために書こう」と常々おもってました。

 

 

 

というわけでこの記事では、「ほんとのほんとにネットの知識がない人むけのブログの作り方」を書いてみようかと思います。

 

 

 

はい、ではまずブログを含めた、サイトというものがどういう仕組みで作られているのかを理解しておきましょう。

 

簡単に言ってしまえば、サイトというのはインターネットという仮想の空間にある誰かの家みたいなものです。

実際の家と違う点は、世界中のどこからでもこの家は覗けるという点ですかね。

ブログというのはそのインターネットのサイトの中のひとつの形です。サイトの形は他には、企業のホームページとか有名なwebサービスだったり、いろいろ種類があります。

今までみなさんはこれを覗いている側でした。覗くために用意するものはパソコンやスマホなどの機器と、インターネットにつなげることができる環境、最近だとwifiとか光回線だったりしますかね。この2つがそろえば覗けます。

 

・インターネットにつなげる機能とモニタが搭載されたツール

・それをネットにつながるための環境

ほんとにこれだけですよね。

 

たまに、この2つがそろっていてもサイトによっては会員登録しないと覗かせてくれないところとかもあります。有料だったり18歳未満閲覧禁止だったりするときもあるようです、知らないけど。

 

 

今回話していくのはこれとは反対に、「サイトを作る」という作業についてです。それは、この仮想空間に自分の家をもちたいといっているようなものなんです。

そして、作るとなると覗いていただけのときよりも用意するものが少し増えます。

 

 

ここまではいいでしょうか?

 

 

で、その用意するものなんですがそれはサイトを作る方法を説明していきながらお伝えします。

 

 

まずサイトを作ろうとしたとき、作る方法は大きくわけて2つあります。

1 タダで作る

2 有料で作る

大きくわけましたがこの2つです。

こちら軟式放送部

ブログの作り方 2パターン

 

まず1について。1は要するに、そのサイトがブログ形式であるならば有名なアメブロとかライブドアブログとかシーサーとかはてなブログとか。そのサイトがホームページ形式であればwixとかjimdoとかの、無料で提供している「作成ツール」を使ってネット空間上に自分のサイト(家)を作ることができます。

はっきりいって1の方法で自分のブログを持ちたいというのであればたぶん今日始めて明日には記事を公開できますよ。これは全然誇張でもなんでもなく。

 

れほど企業が提供している「作成ツール」は簡単です。

 

 

ツイッターを想像してみてください。大きくは同じで、ツイッターというサービスがもうあるので、私たちはアカウントを作って投稿するだけ。背景とかはちょこちょこ替えられたり、多少のカスタマイズはできますね。

さらにツイッターもフェイスブックもアカウントを作るのも投稿するのも無料ですよね。そんな感じです。

 

 

無料でサイトを作るというのはこのように、すでにあるサービスにのっかって自分用のアカウントを作ることに似ています。

 

 

そしてこの場合は先ほど話そうとしていた、サイトを作る時に用意するものは必要ないです。今まで同様、インターネットを見るときに必要な端末とネット環境があればOKです。

 

 

 

【方法1】無料で提供されているツールを使ってブログを作る

⇒用意しないといけないものは特にないよ!

ってことです。

 

 

 

さて、もう1つの方法はお金をかけてサイトを作ることです。このサイト、軟式放送部も無けなしのお金をつぎ込んでネット上に家を持っています。

 

こうやって話していれば「お金をかければなんかいいことがあるんだろうな」という想像がつくと思うのですが、まぁそのイメージで間違ってはいないです。

メリットがあるのでみんなお金をかけて作るんですね。

 

 

そのメリットの中で一番大きいのがドメインってやつです。

 

 

他にもメリットはたくさんあるんですがこれがまず大事です。

 

ドメインというのはアドレスの、とある部分のことです。

有名なドメインでいうとyahoo.co.jpがありますね、このyahooの部分のことをドメイン、

自分で名前を決めて好きにつけていいことから独自ドメインなんて言い方をします。

この独自ドメインというのを手に入れるのが有料なんですよ。これが先ほどいった、サイトを作るときに用意しないといけないものの1つです。

みんな自分だけのドメインを表示させたくてお金を払っています。

じゃあさっきの無料のサイトのほうはドメインがないのかというとそうではなくて、借り物のドメインの上にサイトをつくることになるんです。

 

 

独自ドメインというのが「〇丁目の▽▽さんのおうち」とするなら借り物のドメインは

「〇丁目の◇◇会社の中の☆号室」みたいな感じですね。

 

すでにある会社のドメインを使うのでお金を払ってドメインを取る必要はないです。

 

この例に紐づけて他のメリットを話しておくと、当然「▽▽さんのおうち」の場合は自分の家なので、どういう建物にしようが壁を好きな色で塗ろうが音楽をガンガン鳴らそうが好きにできます。外壁にペタペタ広告を張ったりするのもOKです。

対して、「◇◇会社の中の☆号室」という状態は借りている状態なので勝手に壁を塗ってはだめだし建物の形をかえたりとかはできません。◇◇会社が引っ越すと言い始めたら自分も引っ越さないといけないので、友達にも住所変更をお知らせしないとだめですね。会社が倒産したら自分の家もなくなります。

 

このように、自分のサイトを持つとカスタマイズ性が高くまわりに影響されないため全て自分次第になります。これが有料でサイトを作るメリットでもありめんどくさいというデメリットでもあります。

 

 

そこで、もしあなたがブログを作りたい目的が「日記を書きたい」とか「いろいろな人に見てもらいたい」というのであれば圧倒的に無料ブログがおすすめです。無料ブログの始め方はこの記事では書きません。というより、実際に無料ブログを提供しているサイトにいってしまったほうが早いのでぜひ登録してみましょう。筆者も昔はシーサーさんにお世話になってました。

 

そうではなくて、「ブログで収益をあげたい」とか「カスタマイズを楽しみたい」「自分が作りたいサイトの機能がどうやら無料ではできない」というのであれば有料でブログを作るしかないですね。

 

 

ちなみに有料サイトを自分で作る場合の金額の目安は1年で1万円ちょっとくらいです。

 

 

独自ドメイン以外にもお金がかかるものがあるのですが、それも合計してこれくらいです。

なのでまずは自分が何をしたいかを考えてから有料か無料かを決めてみてください。

無料で始めておいてあとから有料にする、なんてことも全然できますし。

 

 

 

さて、ではその結果有料ブログを作ることになった人へ。作り方です。

 

 

 

実は有料ブログの作り方にさえもいくつか方法があるんですが、どんな方法をとるにせよ最初に用意するものは必ず2つ。

 

先ほどの独自ドメインと、もうひとつはサーバーです。

 

独自ドメインだけじゃないのかよって感じるかもしれませんが、残念ながら独自ドメインはあくまであなたの住所、屋号です。

そのあなたがつくった家を仮想空間、インターネット上に映し出して誰もが覗けるようにする必要があります。その装置がサーバーです。

仮に、サーバーを用意せずに独自ドメインだけをもっていると、たしかにあなたの家は存在するしドメインはあなたのものなんですが、インターネット上にはあなたの家は存在していないことになるので誰も見ることができません。あなたでさえも。

なので、結局は両方が必要になります。

 

 

さて、サーバーというこの装置ですが、これもいくつもの会社が提供しているので選ぶ必要があります。

会社ごとにサービスに売りはあるんですが、大きく言うとサポート体制、セキュリティ、値段が違いますね。

でも会社が違うからといってあなたのサイトの見え方が違うとか他の人がアクセスしにくいとかはありませんので安心してください。

筆者は管理画面の使いやすさでXサーバーという会社を選んでいます。電話サポートもうれしいので最近他社からこちらに乗り換えました。まぁ何年か前もXサーバーさんにはお世話になってたので勝手に安心感を持ってるだけってのもありますけど。

もしXサーバーさんを選ぶ場合は今後HOW TO記事を更新するのでどうぞ。

サーバーを選んだら、その会社の中でどういう契約をするか、プランを決めます。

プランは簡単に言うと、安いのでもいいけど同時に多くの人がアクセスするようになってくると見れなくなったりサイトがサクサク動かなくなるのでそうなったら高いのにしましょうって感じです。

これから始める人は間違いなくX10(エックスサーバーのプランの中で一番安価なもの)で十分です。

 

詳しい人に言わせると「最初からある程度の容量のプランにしておかないと、せっかくアクセスしてくれた人が見れなかったら機会損失だ」っていいますけどね。まぁ、一理あるんですが、最初はいらないんじゃないかなと。そこは自己判断でお願いします。

 

 

さて、では次はドメインを決めましょう。世界で自分だけの独自ドメインです。

 

 

これもアクセスを増やすにはどういったものが向いているとか意見がいろいろありますが、せっかくなんで好きなものを決めればいいのではないでしょうか。

ただし!世界で自分だけと表現したのは、逆を言えばだれかと同じものは手に入らないということです。

これは申し込むときに自動で調べてくれるのでほしいものが売り切れていたら残念ですが他の名前にしましょう。

そしてドメインはドットのあとも選択できます。ドットコムとかドットジェーピーとかきいたことがあるんじゃないですかね。(.com  .jp co.jpなど)

海外向けブログを作るとかであればjpがつくものはどうなのかなと思ったりしますが、それ以外であれば特に何でもいいですよ。響きが気に入ったやつとかで。最近は.comが流行りみたいですね。

 

ちなみに、このドットの後ろは自由に作ることができないことと、あと、ものによって値段が違います。それも申し込むときに自動で値段が表示されますので金額と見た目で折り合いをつけて決めてみればいいと思います。

筆者はドメインはムームードメインで購入しました。これはまぁどこで買っても大差ないですね。

 

 

ここまで用意ができたら(用意の仕方とかはこのあとの記事に書きます。そもそもやり方はネット上にごろごろ転がってますけどね。)ドメインとサーバーを連携させます

 

 

簡単に言いましょう。自分で買った家の住所をインターネット上に「ここが私の家だよ」って表示するんです。別に連携させなくても、先ほど話した通りドメインは世界に一つだけなので買った時点で乗っ取られることとかはないんですが、まず連携させてしまったほうがここから自分のサイト(家)をつくっていきやすいのでこれは最初にやりましょう。

 

 

いわばネット上の、家すらまだない土地に表札をかけておく感じでしょうか。

まぁ、なんかそんな感じです。

 

 

あとはこの自分のドメイン上に自分のサイトを用意してどんどん更新していく、これが有料で独自ドメインを取得してブログを作成する流れになります。実はブログ以外のサイトも全く同じなんですよ。

 

 

さて、今回の記事で抑えておきたいのは

・ブログはお金をかけないでもやれる

・ただしお金をかけると世界で一つだけになれる

・ドメインって結局アドレスのことか

・サーバーという装置が必要なんだな

ってとこですかね。

 

 

これでネット上でサイトを作る側が用意するものや大体の仕組みは書きました。

今までいろいろなサイトや説明を読んでも筆者のような人間が理解できなかった理由は

「何からはじめて、どうなったらゴールなのかの全体像」くらいはわかる(知ってる)ことが前提で説明してあるからなんですよ。

 

 

 

ところが筆者クラスになると、「ネット上に何かをつくるって、それどこで頼むの?申し込むの?」っていうところからすでにわからないし、ぼんやりとすら想像ができないわけです。

 

 

 

そんな状態でスタートしてるので「プログラミング不要!簡単にブログがつくれる!!」みたいなことを言われても、「なるほど、普通はプログラミングというものが必要なんだな」くらいしか情報を読み取れないわけです。読み取るというか、もはや推理ですね。

 

なのでこの「ブログをつくる」っていうことの全体像はイメージできるようにしておいたほうがいいです。

 

 

次の記事は肝心のサイト(家)の仕組みです。

今日もありがとうございました。

Follow me!

これ以上簡単な説明は無理!超初心者向けブログの作り方 パート1” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA